2017年05月27日

桐龍座恋川劇団 2016/10/22 夜の部 浅草木馬館

またまた去年の観劇記です。
10月の木馬館は桐龍座恋川劇団

大衆演劇から10年以上離れていたアタクシは、恋川純弥さんが座長さんだと思い込んでいたのですが、8月の木馬館のたつみ演劇BOXにゲストで出演された時に座長の肩書がなかったことが不思議に思い、調べてみたら今の座長は弟の二代目恋川純さんなのね。

って…
今の座長さんは恋川小純くんってこと?
もう座長さんになる歳になったのねー

以前観たときは、まだ子供って感じだったけど今はどんな感じかしら?

10月はセレブリティ・ミレニアムでアジアクルーズに行っていたので、観劇したのはこの1回だけ

■目次




繋がらない電話予約


いつものお気に入りの席を予約するべく、予約開始日に浅草木馬館へTEL
ここで電話予約の受付開始時間を15時からと間違える凡ミス
(本当は13時から受付開始)

電話は呼び出し音が鳴るものの、一向に電話に出る気配なし
一度電話を切ってかけ直すが、その後は話し中ばかりで全然電話がつながらない…

しょうがない、劇場まで予約しに行くか

仕事帰りに浅草に向かいましたが、この日はバケツをひっくり返したようなどしゃ降りの雨。
服も靴もぐしょぐしょになりながら、劇場に到着
木戸の方に「来月の予約しにきましたー」と告げると「上に行って」と言われたので、階段を上ると踊り場で予約の電話をうけている劇場スタッフがいました。

電話が終わり、アタクシの予約も無事完了!
アタクシが予約している間も電話は鳴りっぱなしでした。
(最初に電話した時も恐らく劇場にきたお客さんの対応中だったと思われるので、電話を切らずにずっと待ってればよかったと今更後悔)

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居 二人忠治


座長扮する忠治が出てきたのですが…
なんか…新しい感じの忠治っすね…

国定忠治ってこんなんでいいの?

と思ったら、やっぱり座長の忠治は偽物でした。
(お芝居のタイトルで大体想像はつきますね)

んで、この偽物の忠治がおもしろい!
もうね、座長の芸が細かすぎて笑いが止まらなくて芝居に集中できないわっ!

お芝居の間ずっと笑いっぱなしでした。

目次にもどる

トークショーばりの口上挨拶


お芝居が終わった後は、口上挨拶。
最初は他の劇団と同じように挨拶や今後の舞台の内容などの説明だったのですが、ちょうど2~3日前に送り出しでお客さんからいやーなことを言われたらしく、そのことから始まり、今までお客さんに送り出しでされた嫌なことの話がどんどん展開されていく。

送り出しで色々なことを言うお客さんがいるようで、役者さんも大変ですね。

その話から派生して、他劇団の役者さんやお客さんの話をしゃべりまくる(笑)
どの話も大衆演劇あるあるだったので、劇場内も大盛り上がり

口上挨拶だけで、20分以上話してました。

お芝居と口上挨拶で笑いまくり、舞踊ショーあんまり覚えてないけど、とーっても楽しい舞台でした。
クルーズに行ってなかったら、前半・後半で2回は観に行けたのに残念。

今度関東にのるときは、アタクシたちは旅行に行ってない月に来てくれー

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 01:59 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。