2017年06月02日

鳳凰座 2016/11/27 夜の部 浅草木馬館

去年の観劇記シリーズもこれで終わりです。

12日につづき、またまた鳳凰座観劇です。

■目次




予約キャンセルではなく、変更と言いましょう


本当は26日の夜の部を予約していたのですが、都合が悪くなり木馬館へTEL

予約のキャンセルを告げると、ちょっと怖ーい感じの対応…
(まあキャンセルするほうが悪いんだけど)

「はいはい、それじゃーね」と電話を切られそうになったので、慌てて「すみません、明日の夜の部は予約できますか?」と聞くと、急に対応がよくなった(笑)
(最初から、キャンセルと言わずに日時の変更って言えばよかった)

11月は、かなり動員に苦戦しているようです。
10月に予約した時も、予約状況は芳しくない感じでした。
鳳凰座が木馬館に来るのは4年半ぶり?らしいので、関東ではあまり馴染みのない劇団って感じで敬遠した人もいたのかな?

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居 振られた男


前回おトイレに行っていて見逃した開演前の座員さんたちの挨拶もちゃんと見られました。

この日のお芝居は「振られた男」
喜劇です。
(内容は…ごめんなさいうろ覚え)

役者さんたちは皆さんおもしろい演技をしているのですが、客席との温度差が…

笑い声が少ない客席にしびれを切らした座長さんが「みんなもっと笑ってよ。一生懸命やってるんだから!」と訴える場面もありました。

他のお客さんはどうかわかりませんが、私が笑えなかった理由は、台詞回しが早すぎたからです。
ちょっと早口すぎて、聞き取るのに集中しないとおいて行かれるので、後から「あ、今のところ笑うところだったんだ」を気づく状態。
吉本新喜劇とかがお好きなら笑えたのかもしれませんが、東京生まれ千葉育ちなアタクシにはなかなかハードルが高いお芝居でした。。

大阪で人気の芸人さんが、そのままの芸を東京でやってもまったくウケないという話を聞いたことがありますが、やはり関西と関東って笑いのツボが違うのかしらね。

それに座長は、喜劇をやるには男前すぎなのよね。

目次にもどる

ラストショーは花魁


イマイチ入りこめなかったお芝居の後は舞踊ショー

前回もそうでしたが、今回も座長さんの客席降りはすっごく丁寧。
他の劇団だと客席に降りてきてもササーッと通路を通り、また舞台へって感じですが、中野加津也座長は全部の通路を回り、お客さん1人1人の顔を見て回ります。

可憐な女形で見つめられ、思わずドキッとしちゃいました(笑)
ただ客席降りが丁寧なのはいいのですが、その間舞台は無人なので前方席に座っていると、ほとんどの時間誰もいない舞台を見ることになるのよねー。

ラストショーは、座長花魁
艶やかな座長の花魁は、とーってもステキでした。
がっ、他の座員さんの花魁が…

おもしろすぎる(笑)

8月に十数年ぶりに復活した大衆演劇観劇もこれでしばらくお休み。

今年(2017年)の観劇再開は、今月の大阪からです。
久しぶりの大阪楽しみー♪

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 07:00 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。