2017年07月24日

明生座 ~大衆演劇劇場紹介~

劇場紹介シリーズ第二弾は、大阪の明生座です。

■目次


明生座とは

2006年10月に開館した大衆演劇専門劇場。
こけら落とし公演は『劇団武る』
座席数は138席

開演時間
昼の部12時30分
夜の部17時30分
※開場時間はどちらも開演30分前から



入場料金
大 人1,600円
前売券1,500円
※初日の前売券利用は不可。
3部のショーのみの料金1,200円

指定席料金 300円



スポンサーリンク








目次にもどる

席の予約

電話予約可です。
予約受付時間は 16:00~16:50までなので注意!
劇場のHPには前月の1日から予約受付開始と記載がありますが、実際は10日ごとに予約を受け付けています。

1~10日→前月の1日より予約受付開始
11~20日→前月の11日より予約受付開始
21~千秋楽→前月の21日より予約受付開始

基本的には直接劇場に行って予約した人が優先。
電話予約ではとれないエリアがあるようです。

私は1列目を希望したところ、番席を案内されました。
ただ隣の番席希望の人が3名だった場合は席を1つ横にずれてもらうかも?と言われたので、花道側と通路横席は劇場予約のみなのかもしれません。

目次にもどる

入場料と予約代金は別の場所で支払い

入場料は左側にある窓口で支払い。
予約代金は、劇場内にある売店で支払います。

入場料の窓口はちょっとわかりづらくなっていて、私たち同様初めてきたと思われる方がそのまま劇場に入ろうとして注意されてました。

目次にもどる

アクセス

JR桃谷駅から徒歩15分程度
バスの場合は、中川二丁目バス亭から徒歩5分



劇場のHPに詳しい行き方がでています。

私たちは天王寺駅近くのホテルからタクシーで行きましたが、タクシー代は1,400円でした。

目次にもどる

ロビー


とてもコンパクトな劇場なので、ロビーといえるような場所はありません。
外に喫煙所が設けられています。

目次にもどる

売店


飲み物の持ち込みは禁止です。

DSC_0737.jpg

入り口横に自動販売機があるので、必ずここで買いましょう。
お弁当は持ち込みOKだそうです。
(お菓子などもOKなのかは、未確認)

DSC_0743.jpg

売店にお菓子などが売っています。

DSC_0744.jpg

近くにコンビニやコリアタウンがあるので、そこでお弁当などを買えます。
(匂いの強いものは周りに迷惑なので控えましょう)

目次にもどる

客席


客席は通路1本だけです。
上手側のはじには通路はありません。

DSC_0740.jpg
DSC_0734.jpg

前方は予約席専用です。
後方の自由席エリアも予約は可能なようです。
(予約席エリアの通路側がいっぱいだった場合などは自由席予約で対応してれるみたい)

通路が1本だけなので、出入りがしやすい最前列を予約したのですが、舞台から客席におりる階段がドドーンと置いてあるため、最前列通路側に座っている人をまたがないと通路には出られません。

DSC_0739.jpg

舞台は高めですが、最前列でもそんなに観づらくはないです。
(ちょっと首が痛くなるけど)

ベストなのは2列目以降の通路側かな?

目次にもどる

近隣ホテル


劇場のHPではプレジデントホテルが紹介されています。
住宅街のなかにある劇場なので、ホテルはここだけかな?

コリアタウンの中にゲストハウスがありました。
お若い方で昼夜観劇するからホテルは寝るだけ!なんて方はゲストハウスを利用するのもいいかも。

DSC_0750.jpg


若い方や健脚な方は電車でもいいと思いますが、アタクシのような高齢のママちゃんとの遠征旅行は、バスでアクセスしやすいホテルを選んだほうがよいと思います。

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 08:15 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。