2017年05月24日

劇団荒城 2016/9/12 夜の部 浅草木馬館

ちょっとなんで去年の観劇記を今頃?という突っ込みが聞こえてきそうですが、気にしないことにします(笑)

去年(2016年)9月の浅草木馬館は劇団荒城です。

■目次





招待券プレゼント


本当は、1日だけの観劇予定だったのですが、9/12(月)は無料招待券プレゼント
しかも通常300円の予約席も無料!となんて太っ腹なイベント!

てことは、1回分のお値段で2回観られるってことよね。

でもこの日は平日、しかも月曜日なので休めない。
なので5時で早退することに

急いで銀座線に乗り、木馬館についたのは、5時40分頃

まだ1部の舞踊ショーやってました。
女形大会だったらしく、先に行ってたママちゃんが「すごくステキだから、早くくればいいのにー」とヤキモキしてたそうです。

口上挨拶で若座長の勘太郎さんが「無料の威力は恐ろしいー」と言ってたように、劇場内はお客様でいっぱいでした。

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居


本日は、1部がミニショー『女形』
2部のお芝居は…、ごめんなさいタイトル忘れちゃいました。

今日の夜の部は『和也・莉也・祐馬挑戦の日』と銘打たれていて、お芝居はこの3人が中心でした。

劇団荒城は、かなり昔に木馬館で1度だけ観たことがあります。
たしかその時は、現座長の荒城真吾さんと後見の荒城照師さんの他に2人兄弟がいて4人で舞台に出ていた気がするのですが
全員背がおっきくて、おっきい劇団だなーという感想をもった記憶が
(どっかの劇団と間違えている可能性もありますが)

その後、某劇団でよく会う顔見知りの方のお母様が劇団荒城のファンで、ここはお芝居がすごくいいのよーという話は聞いていたので、お芝居を期待していたのですが、前半はちょっと演技が堅いというか、なんか違和感を感じながら観てました。
が、お芝居が進むにつれ、堅さもなくなりお芝居にどんどん引き込まれていきました。

目次にもどる

終わらないじゃんけん大会


お芝居の後は若座長の荒城勘太郎さんの口上挨拶

一通りの挨拶の後はじゃんけん大会です。
賞品はサイン色紙と劇団員の方の声が吹き込まれた目覚まし時計

若座長の勘太郎さんとじゃんけんして負けた人は脱落、最後の1人になるまでじゃんけんが続きます。
んで、このじゃんけん大会が中々終わりません…

普通じゃんけん大会って残り人数が少なくなってきたら、「残った人たちだけでじゃんけんしてね!」って感じになると思うのですが、ここのじゃんけん大会は最後まで若座長との対決
なので、残り2人というところで2人とも負けてしまい、最初からじゃんけんやり直し!というのが何度かありました。

アタクシも2回ほど残り2人のファイナリストになりましたが、どちらも最後に2人とも若座長に負けてしまい、じゃんけんリセット

やーっと決着がつき、休憩へ

目次にもどる

Party People?


んで、じゃんけん大会で口上挨拶が長引いたわりには3部までの休憩時間が長い!
ちょっとイライラ

やっと始まるーと思ったら

な、なんすかあのオープニングの♪荒城に集まるパーリーピーポー(中略)コージョー!コージョー!コージョーコージョーコージョー!♪
てな歌詞のラップ調の歌は…
お腹いたい(笑)

ファンの方すみません、けっしてバカにしてるわけではないんですが、アタクシこういうのダメ(笑)

舞踊ショーはもうすでに記憶が薄れているのですが、この劇団よく歌うのね。
舞台には本格的なカラオケ機材が置いてあり、何回も歌の披露がありました。

個人的には歌より踊ってほしいなー
お芝居はとーってもよかったけど、舞踊ショーと休憩の長さにはちょっと…な感じでした。

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 19:00 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。