2017年08月16日

ESTA申請について 2017クルーズ準備編

来月のクルーズ準備始めます。
今年のクルーズは、アメリカのフォートローダーデール発着のカリブ海クルーズ

ということで、アメリカ入国に際しESTAの申請が必要になります。

■目次




電子渡航認証システム(ESTA)とは


ESTAとは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部
VWP参加国の渡航者が、短期(最長90日)の観光・商用目的で、ビザなしで米国に旅行する場合に利用できます。
ESTAは、2009年1月12日から義務化されました。

  • 乗り継ぎなどでアメリカを経由して、他の国に行く際もビザなしの場合はESTAを申請する必要があります。

  • グアムあるいは北マリアナ諸島への渡航は、ESTA申請は必要ありません。
    ただし45日以上の滞在の場合は、ESTA申請が必要です。


目次にもどる

ビザ免除プログラムの利用条件


ビザ免除プログラムを利用して渡米するためには、渡航者は下記条件を満たさなければなりません。

  • ビザ免除プログラム参加国(上記)の国籍であり、有効なEパスポート(IC旅券)を所持していること

  • 電子渡航認証(ESTA)が承認されていること

  • 米国での滞在期間が90日以下であること


ESTA申請が必要なのは、陸路・海路で入国する場合です。
陸路で入国する場合は、ESTAの申請は必要ありません。
代わりにI-94Wフォームの提出が必要です。

I-94Wってグアム旅行の時に記入したけど、記入項目がかなり多くて大変だったのよね。
ESTAの方が全然楽♪


スポンサーリンク








目次にもどる

ESTA申請方法


ESTA申請公式サイトから申請を行います。

無許可で情報提供料や申請手数料を請求する模倣ウェブサイトがあるそうなので、注意してください。

ESTA申請が認証されるまでにどのくらいの時間がかかる?

ほとんどのケースでは、即時判定されます。
エスタ申請の回答は渡航認証許可、渡航認証保留、渡航認証拒否の3通り

渡航認証許可
ビザ免除プログラムを利用して米国に渡航する事 が出来ます。
※ただし米国への入国を保証するものではありません。

渡航認証保留
最終決定が72時間以内に決まります。
ウェ ブサイトから随時状況確認をして下さい。

渡航認証拒否
ESTAでの入国は不可なので、ビザを申請する必要があります。

有効期限は?

有効期限は、2年間
ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になります。

また、氏名変更、性別変更、国籍変更、ESTA申請の際に回答した内容が変更した場合などは、最新性が必要です。
変更した、 渡航者の国籍が変更した、ESTA申請質問で渡航者が過去に回答した内容(はい、いいえ)が変更した場合も再申請が必要です。

申請料金は?

ESTA申請料金は14ドル
費用はクレジットカードやデビットカードで支払います。
クレジットカードを持っていない場合は、親戚や旅行会社などの第三者が代わりに支払うことも可能です。

パスポート番号や氏名・生年月日などを間違えて申請してしまった場合は、ESTAの申請許可後に訂正が可能ですが、毎回14ドル支払う必要があります。

目次にもどる

申請は誰がする?


基本的には本人が申請します。
家族の分もまとめて申請が可能です。

それから、申請料金の項目にもありましたが、旅行会社が申請を代行してくれます。
ただし、申請料金の他に結構なお値段の代行料が請求されます。
代行料は旅行会社によって違いますが、大体2,000~7,000円くらいです。

2013年にカリブ海クルーズに行ったときは、ツアーだったのでESTA申請の代行のお知らせが入っていましたが、やはり1人につき6,000円くらいの料金でした。

なので、アタクシは自分で申請しました。
だって、もし間違えて再申請が必要になっても、この代行料よりはお安くすむので

というわけで、今回も自分で申請しようと思います。

ESTA申請編はまた次回♪


目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 14:30| 2017 ハーモニー・オブ・ザ・シーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。