2017年08月21日

ESTAの申請してみた。 2017クルーズ準備編

4年ぶりにESTAの申請をしてみました。
4年前に比べると入力項目が増えてましたが、事前に準備をしておけば1人5分くらいで申請できます。

まずはパスポートを準備します!
がっ!
ここで、ない!ない!ないーーーー!!

パスポートがどこにもありません。
パスポートケースの中は空

小一時間ほど探し、やっと見つけました。
パスポートは忘れちゃいかん!と思って2~3日前に旅行用のウォレットポーチに入れたのを忘れてました…

■目次




事前に確認しておくと便利な項目


ESTA申請に必要なのは、下記の項目です。
下の項目をコピペして、コロン(:)の後をご自分や代行して申請する家族の情報を入れて準備しておくと便利です。
よろしかったらどうぞ!

入力項目
グループ申請の連絡担当者:姓・名
生年月日:日・月・年
電子メールアドレス:

申請者/パスポート情報
姓・名:
生年月日:日・月・年
出生した市区町村名:Minato-ku、Yokohama-shiなど
パスポート番号:
パスポート発行日:日・月・年
パスポート有効期限:日・月・年

あなたの両親:姓・名

あなたの連絡先情報
ホームアドレスライン1:番地(1-1-1など)
ホームアドレスライン2:町名
※ホームアドレスライン1にすべて入力し、ホームアドレスライン2は空欄でもOK
アパートメントの部屋番号:
市区町村:Minato-ku、Yokohama-shiなど
州/都道府県/地方:Tokyo、Yokohamaなど
国番号+電話:日本の国番号は81、市外局番や携帯番号などは頭の0をとる
電子メールアドレス:

勤務先情報
雇用主:
ホームアドレスライン1:番地(1-1-1など)
ホームアドレスライン2:町名
※ホームアドレスライン1すべて入力して、ホームアドレスライン2は空欄でもOK
市区町村名:Shibuya-kuなど
州/都道府県/地方:Tokyoなど
国番号+電話:日本の国番号は81、市外局番などは頭の0をとる

米国内の連絡先情報
※乗り継ぎの場合は不要
ホテル名:
ホームアドレスライン1:番地、ストリート名
市区町村名:New York、Fort Lauderdaleなど
都道府県:リストより選択(New York、Floridaなど)
電話番号:

米国内および米国以外の緊急連絡先情報
家族や友人などの情報を入力
姓・名:
電子メールアドレス :
国番号+電話:


スポンサーリンク








目次にもどる

申請開始!


上記の必要項目を確認したら、早速申請します。

esta_start.png
画像はすべてESTAの申請ウェブサイトからお借りしました。

公式ウェブサイトで、新規の申請をクリックまたは下にスクロールして申請ボタンを押します。
※手数料を請求する模倣サイトがあるらしいので、くれぐれも注意してください。

私はママちゃんの分も申請するので、グループによる申請をクリック

esta02.png

ESTAを申請する時に、ちょっと迷ってしまう項目は

  • 両親:既に亡くなっている場合でも入力する必要があります。
    養子縁組などで不明な場合は、UNKNOWNでOK

  • 勤務先情報:既に退職している、会社が倒産していて存在していない場合でも入力が必要です。
    役職名は必須項目ではないので、空欄でも大丈夫

  • 米国内の連絡先情報:ホテル名や住所でOK
    連絡先情報と滞在中の住所が同一の場合は、↓のチェックボックスにチェックを入れれば入力不要。

    esta03.png

事前に入力項目を準備しておけば、さくさく進み5分くらいで完了できます。

目次にもどる

家族の分も申請します!


次は、ママちゃんの分の申請です。
新規の申請者のボタンをクリックし、同じ項目を入力していきます。

esta04.png

間違えて自分の生年月日を入れてしまったりしたので、他の人の申請は慎重に!

他の人の申請の際は、『適格性についての質問』の後に出てくる『権利の放棄』のチェックボックスは2ヶ所チェックを入れます。

esta05.png

目次にもどる

支払い手続き


支払い手続きは1週間以内ですが、忘れちゃいそうなので申請と同時に支払手続きしちゃいます。

申請費用は1人14ドル

esta06.png


支払い方法は、「PayPalアカウントから支払う」または「デビットカードまたはクレジットカードで支払う」の2種類

私はクレジットカードで払います。


入力項目
国:リストから選択
請求書送付先住所:町名○丁目○番地など
請求書送付先住所2:空欄でもOK
市区町村名:Minato-ku、Yokohama-Shiなど
都道府県:
郵便番号:
口座名義人:クレジットカードの名義人
カード有効期限:リストより選択
口座番号:クレジットカードの番号を入力


目次にもどる

判定は72時間以内


支払いを終え、申請状況の画面に戻ると『認証は保留中です』の文字が!
ESTAは通常なら即時判定されます。
たしか4年前もすぐに承認されたはずなんだけど

あなたの渡航認証は、即時に判断を下せないため、審査中です。



と何か怖いこと書いてある…
即時に判断を下せないってどういうこと

この回答は陰性所見を示唆するものではありません。



とも書いてあるけど…
判定は72時間以内に下されるので、待ちますか

と思ったけど、やっぱり気になる!
数分後に再度ログインしたら、無事認証されてました。

どうやら支払いしたばかりの時は、保留になっているようです。
んで、支払いが認証されるとすぐに認証されるみたいです。

ただし、↓にも書いてあるとおりESTAの認証が下りたからと言ってアメリカへの入国が許可されたわけではありません。

esta07.png

4年前にシカゴで入国審査を受けたときに質問されたのは

仕事は何してるの?
行き先がマイアミってことはクルーズ行くの?


くらいだったかな?

この時はツアーで、団体チケットだったので審査もゆるかったのかな?
最近はSNSのアカウントとかを聞かれるケースもあるらしいので、準備はしておかなければ

でもアタクシのツイッターは大衆演劇の役者さんの画像がほとんどなので、「ほぉー、日本はまだちょんまげに着物姿の人が沢山いるんだね」なーんて思われたりして(笑)

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 00:11| 2017 ハーモニー・オブ・ザ・シーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。