2017年09月17日

カリブ海クルーズキャンセル顛末記 その② フライトキャンセル編

クルーズの短縮が決まっても何故かアタクシは行くことしか考えてませんでした。
なので、クルーズブラザーズさんにも「とりあえず明日出発しまーす」と連絡してありました。

正直、仕事する気分じゃなかったけど、仕事を全部片付けてからじゃないと休めないので残業していつもより遅く帰宅。

クルーズの短縮が決まった時に、すぐにママちゃんに連絡しておいたのですが、ママちゃんはショックでお昼ご飯を食べられず、しばらくボーっとしていたそうです。

そんな状態なので、晩ごはんの準備はしてません。
夜も遅いので今からご飯を作る気にもなれないので、「お弁当買ってくるねー」と近所のほっともっとへ
(そもそも旅行前なので、冷蔵庫にはほとんど食材がないし)

■目次



そうだ!キャンセルしよう!!


ほっともっとでお弁当ができるのをボーッと待っていたのですが、ふと「キャンセル」という言葉が浮かんできました。

何故だかわかりませんが、この時まで行くことだけを考えていて、キャンセルしようとはまったく思ってなったのです。

でもこんな状態で行っても楽しめないだろうし、せっかく事前に予約したショーやクルーズブラザーズさんにお願いして予約してもらったマイタイムダイニングの予約もリセットされてるだろうし
(短縮されたクルーズに乗る場合は、食事やショーの予約は乗船してからするようです)

すぐにANAのHPでキャンセルについて調べてみました。

特典航空券発券後、全区間未使用の場合、払い戻しが可能です。


よし!まだ出発前だから払い戻しできる。
払い戻し手数料として1人3,000マイル必要だけど、しょうがない。

目次にもどる

スポンサーリンク








まずは、フライトキャンセル


というわけで、夜10時ちょい前にANAに電話。
すぐに電話が繋がりましたが、なんか話が噛み合わないと思っていたら、「お電話が国内線に繋がっているので、国際線に転送します。」

プッシュボタンの押し間違いで国内線に繋がってしまっていたようです。
(電話をかけた後に国内線は1番、国際線は2番を押すのです)
冷静なつもりでも、慌ててるんだなアタクシ

国際線のほうは、電話がかなり混み合っているとのことなので転送できないとのこと。

かけ直しまーすと電話を切ったのはいいのですが、国際線の方には全然繋がりません。

国内線の電話受付時間は、6:30~22:00
国際線は24時間対応ですが、夜10時をすぎてしまうと日本での受付は終了してしまうようです。
その後は、日本以外の受付センターに転送されるようです。
(アメリカの受付センターに転送しますというアナウンスが流れてました)

今まで何度もANAのデスクに電話しましたが、いつも一発で繋がってました。
が、日本での受付時間が終了してしまうと回線が絞られるのか、まったく繋がりません。

何回電話しても30分まちでーす。25分まちでーす。なアナウンス。
ナビダイヤルなので順番待ちしている間にも課金されるので、切ってはかけ直しの繰り返し。

午前3時までかけ続けましたが、結局繋がらず寝ることに

ほとんど眠れないまま、迎えた午前7時
再び電話すると今度は一発でつながりました。
(国内の受付センターの受付が始まっていたので、スムーズにつながったようです)

事情を説明し、払い戻ししたいことを告げると「クルーズに合う日程で変更できる日がないかお調べしましょうか?」との嬉しいお言葉。

99.9%ダメだろうけど、調べてもらうことに。

折り返しかかってきた電話はやはり「変更できる日程はございませんでした。エコノミークラスなら空きがありますが、差額のマイルはお返しできないので払い戻しされたほうが良いと思います」

ちなみに払い戻し手数料のマイルですが、色々検索してみると二親等の親族に不幸があった場合は免除されるようです。(証明書の提出が必要)
台風などの天候理由でも免除されたケースがあるようです。
(その方は国内線で実際にその便はキャンセルした後に台風で欠航になったそうです)

というわけで、アタクシも「ハリケーンが来ているので、キャンセルしたいのですが」と天候理由だということをさりげなーくアピールしたのですが、手数料免除の話などはまったく出ませんでした。
まあ出発直前にキャンセルした迷惑客なので、キャンセル手数料のマイルはちゃんと払いまーす。

目次にもどる

航空券払い戻しの注意点


オンラインチェックインは事前に解除

事前にANAのHPにパスポート情報などの必要事項を登録しておくと、出発24時間前に自動でオンラインチェックインが完了し、モバイル搭乗券がメールで送られてくるというオートチェックイン機能があります。

アタクシたちもパスポート情報などを登録してあったので、すでにオンラインチェックインが完了してモバイル搭乗券を受け取っていました。

このままでは払い戻しできないので、オンラインチェックインを解除する必要があります。

オンラインチェックインはANA側では解除できないので、搭乗者本人がPCから解除します。
少しタイムラグがあるようで、こちらで解除してもANA側ではチェックイン済みの状態のままでしばらく待たなければ払い戻しができなかったので、事前に解除してから払い戻しの連絡をした方がスムーズだと思います。


クレジットカードの有効期限に注意

特典航空券の払い戻しをした場合、マイルが口座に戻るまで最大10日間かかるそうですが、たいていの場合すぐに口座に戻ってくるそうです。
なにか問題がある場合のみ、時間がかかるようです。

なので、アタクシもHPを何度か更新してマイルが返還されたか確認していたのですが一向に戻ってきません。

その後、ANAから連絡がありました。
特典航空券を予約した時に支払った諸税などは、支払い時に利用したクレジットカードに返金されるのですが、クレジットカードの有効期限が切れているため返金処理ができないとのこと。

マイルがすぐ戻ってこなかった原因はこれですね。

この時は成田空港にいて、更新カードが手元になかったので、翌日に電話し新たな有効期限を伝えると電話を切ってから5分くらいで口座にマイルが戻ってきました。

戻ってきたのは、2人分の手数料6,000マイルを引いた174,000マイル
(払い戻し時点で有効期限を過ぎてるマイルは戻ってきませんが、アタクシの場合は期限切れマイルはなし)
1.png

というわけで、現在のマイルは347,971
2.png

このマイル数なら、ファーストクラスも予約できるわ。

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 22:54| 2017 ハーモニー・オブ・ザ・シーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。