2017年07月16日

劇団炎舞 2017/07/15 昼の部 浅草木馬館

8ヶ月ぶりに浅草木馬館に行ってきました。
今月は、劇団炎舞です。

大衆演劇浦島太郎状態のアタクシは、劇団魅星って行ったほうがしっくりきますが…

本日の演目はこちら
木馬館20170715.jpg
演目画像は浅草木馬館のfacebookからお借りしました。

■目次




浅草でスマホが充電できる場所


木馬館へ向かう電車の中で、ふとスマホを見ると…
電池残量32%!!

浅草で充電できる場所を検索するも、出てくるのは飲食店ばかり
のんびりお茶している時間はないのよ!しかもほとんどのお店は電源だけで自前の充電器がないと無理っぽい

というわけで、浅草雷門通りにあるドコモショップで充電
11時45分ごろにスマホを預けて、ミニショー終了後の休憩時間に取りに言ったら78%まで充電されてました。

後からわかったのですが、浅草駅の上にある『EKIMISE』の7階レストランゾーンにも充電器があるそうです。
(ドコモショップと同じ鍵がかかるタイプ)

ただ休憩時間に取りに行くのは、ドコモショップのほうが近いと思います。
(こっちのほうが人通りも少ないし)

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居 時雨傘中山峠


今回、お隣さんがとっても変わった方だったので中々芝居に集中できず…(笑)

◆あらすじ◆炎應座長演じる男(なんとか太郎)が出入りの際に美濃の藤太郎(当て字です)という男を斬ってしまう。

藤太郎には妹と年老いた母がいて、その母親にお金を渡すよう頼まれる。
藤太郎の身の上話に同情した男は、美濃にいる藤太郎の母のもとへ

お金を渡すだけのつもりが、藤太郎本人が帰ってきたと勘違いする妹。
目が見えない母も藤太郎だと思い込む。
黙って旅立とうとする男でしたが、生まれてから一度も親の愛情を受けたない男は迷ったあげく、藤太郎として暮らすことに

親子3人で仲良く暮らしているところに、万五郎親分が江戸からの客人をつれてくる。
その客人は、亡くなった藤太郎の兄貴分でした。
藤太郎が生きていると聞き、偽物では?と疑っている。
万五郎親分が話は自分がつけるからと兄貴分を遠ざけ、藤太郎に母と妹をつれて出ていき家を明け渡すよう迫る。

これを拒否し親分をたたき斬り、母と妹に真実を告白。
息子だと思っていた男がよりによって息子の仇だと知った母親は妹が止めるのも聞かず、かたき討ちをしようとする。
そこへ現れた兄貴分が、自分が弟分のかたき討ちをすると買って出る。

とどめを刺そうとしたところで、「その男は自分の息子だ」と止めに入る母。
すべてを悟った兄貴分は「人違いだった」と去っていく。

そして親子3人、再び仲良く暮らすことになりました。


タイトルを見たときは、どんなお芝居なんだろう?股旅ものかな?
藤太郎斬られてから、長々と話し過ぎ!
とか、妹ずいぶん簡単に人違いするのね。
(妹が幼いころに別れた設定だったのかな?隣人のせいでイマイチ集中できなかったので、聞き逃したのかも)

と思っていましたが、後半は涙涙の感動的なお芝居でした。

ゲストの沢田ひろしさんも格好よかった♪

目次にもどる



口上挨拶


お芝居の後は口上挨拶
通常は、口上挨拶って座長1人のことが多いけど、ここは9人登場!
1人1人が自己紹介

初見のアタクシにはありがたいサービスです。

口上は自己紹介で終わり、今後のお芝居の説明や宣伝とかはしないんですね。
そんなことしなくても予約はいっぱいなのかな?

この日は大入り出ました。

目次にもどる



ラストショー 木遣りくずし


三部の舞踊ショーです。
座長がかなり頻繁に登場する印象。
座長が沢山観られるのは、とっても嬉しい♪

ラストショーは木遣りくずし
女形で登場した炎應座長、その後立ち姿で再登場しまといを振る姿はとても凛々しかったです。

色々な先入観があって、観ず嫌いだった劇団炎舞でしたが、とても素晴らしい舞台でした。

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 19:23 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

鳳凰座 6/25(日) 梅田呉服座 昼の部

この日は藤博太くんの誕生日公演

博太くん誕生日おめでとう!
18歳になるそうです。若いねー
誕生日だとは知らずに来たのですが、ラッキー♪

早めに劇場に着くように出発する予定が、チェックアウトの時にお世話になったクラブラウンジのスタッフの方々とおしゃべりしていて、ホテルを出発するのが大幅に遅れてしまった。
タクシーで行こうかと思ったけど、渋滞してると困るので電車で急いで劇場へ
劇場についたときは、すでにミニショーが始まってました(焦)

■目次


お芝居 出世桜

この日のお芝居は『出世桜』

誕生日公演なので、藤博太くんが主役です。
ざっくりしたストーリーは

◆あらすじ◆本文1中野寿都子ちゃん演じる妹を殺された博太くん(役名忘れちゃいました)が、妹を殺した男(中野貴之介さん)を殺めてしまいます。
村のしきたりでどんな理由があろうとも人を殺めてしまったら村八分にされてしまうので、博太くんも妹の後を追い自害しようとしたところに、通りかかった座長演じる親分さんについて行くことに

月日は流れ、立派になった博太くんは親分の後を継いで二代目を襲名することに
そのめでたい日に故郷に残したお母様が博太くんを訪ねて一家にやってきます。
色々あって…親分さんの計らいで親子一緒に暮らせるようになり、めでたしめでたし
でお芝居終了。


ちなみにお芝居で博太くんのお母さん役をやっていた方は藤間劇団の松竹町子さん
博太くんのおばあさまだそうです。
おじいさまの藤間新太郎さんもゲスト出演されてました。
(アタクシ藤間劇団は未見なので言われるまで知りませんでした)

大きな立ち回りがあるわけでもなく、平坦な感じのストーリーでしたが、誕生日公演にふさわしい演目だなと感じました。

スポンサーリンク








目次にもどる

舞踊ショー

舞踊ショーは誕生日なので、当然藤博太くん中心に
ケーキも沢山いただいていて、皆さんから愛されてるのね♪

ラストショーは博太くんが殺陣を披露。
なかなか見ごたえのあるラストショーでした。

とーっても舞台がよかったので、アタクシにしては珍しく送り出しで劇団員さん全員の写真を撮らせていただきました。

が、中野寿都子ちゃんだけはずっと他のお客さまとお話しいていたので写真撮れず
また今度でいいや!と思ったら、6月いっぱいで劇団を退団することが発表されたそうです。

キャー、ショック!

やっぱりちょっと待ってでも写真撮らせてもらえばよかった。。。
でも座長さんのお嬢さんだし、またいつか舞台で会えるような気がしないでも…

可憐で可愛くてお芝居も上手だったので、舞台に戻ってきてほしいな。
でもまだ21歳と若いし、やりたいことも沢山あるだろうから舞台を離れても頑張ってね♪

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 23:50 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

たつみ演劇BOX 6/23(金)昼の部 明生座

梅田呉服座に続き、こちらも初めて行く劇場。
(昔あったっけ?)

ここの劇場は駅からとても遠い
(多分ママちゃんとアタクシだと20分くらいかかりそう)
バスだとバス停からそんなに歩かなくていいようです

■目次


劇場へはタクシーで

宿泊先のホテルは天王寺駅のそばなので、あべの橋からバスで行く予定だったのですが、途中で面倒くさくなりタクシーで行くことに

大阪マリオットホテルの地下3階のタクシー乗り場から劇場の目の前まで行ってもらって、タクシー代は1,400円でした

帰りは、コリアタウンによってから帰ったのでタクシー代は1,700円

席は一番前で予約していたのですが、電話予約の際に「劇場に直接来て予約した人が優先だから、場合によっては席をずれてもらう」と言われてましたが、希望通りの席で予約されてました。

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居 昭二郎帰り仁義

本日のお芝居は「昭二郎帰り仁義」

まずは大工に扮したたつみ座長が登場
この大工が仲間に昭二郎のお家の内情を話すという形で「奥さんは後妻で次男は連れ子、旦那さんが亡くなった後は、先妻の子である昭二郎につらくあたっている」などの人物相関図をわかりやくすくお客さんに説明してくれます。

ヒートアップしたたつみ座長の大工さんは、ダイヤ座長演じる昭二郎が近くにいるのに気づかずに後妻さんの悪口を大きな声でまくし立てる。
大工仲間に促されて、やっと昭二郎に気づいたと思ったら…

気づかないんかーい!

これには場内爆笑でした。

やっと昭二郎に気づいた大工さん
昭二郎が差し出すお茶ならぬおちゃけに「1杯くらいじゃ仕事には支障はねえ気が利いているねえ」とおちゃけを飲み干す。

ここからはもうやりたい放題
昭二郎に「たった1杯でベロベロじゃないですか」と言われるほどの酔っ払いっぷり
ちょうどこの時、豊田議員の暴言が報道されていた時なので、時事ネタも盛り込み劇場を沸かせます。
大工さん退場後は真面目にお芝居は展開していきます。
(退場したと思ったら一回戻ってきたけど(笑))

色々あって(かなり省略)誤って人を殺めてしまった昭二郎は逃亡。
(殺したと思い込んだだけで、実際には死んでなかったのですが)

3年の月日が流れ、優しくて気が弱かった昭二郎はすっかり別人になり侠客姿で帰ってしました。
財産を取り戻す為に戻ってきましたが、3年の間にすっかり心を入れ替えた後妻と弟を見て心変わり。
弟の祝言をぶち壊そうとするたつみ座長演じる親分と大立ち回り。
たつみ座長の親分は手下が1人増えただけで、面子は大工のときそのままだったので「ん?大工転職か?」と思ったら、タイミングよくたつみ座長が「お前ら大工見てえな顔してるな」で劇場内爆笑。
親分たちを撃退し、店は弟に任せて昭二郎は再び旅へ

で、お芝居終了!

目次にもどる

口上挨拶

たつみ座長の口上挨拶です。

今日のお芝居はかなり古いものだそうで、本来は1時間もない短いお芝居だそうです。
なので、なるべく引っ張って1時間もたせるようにしていたらしいのですが、今日は1時間15分!

「大工がしゃべりすぎなんですよね」って大工を演じていたのはア・ナ・タ
昨日はたつみ座長が主役のお芝居だったので、今日はダイヤ座長が主役のお芝居だそうです。
「今日は私、脇役だったので口数が少なくてすみません」って(笑)

久しぶりのたつみ演劇BOXはとーっても楽しかったので、もうちょっと長くお休みがとれればもう1回観たかったんだけど
残念
(9月に土日祝含めて12連休の夏休みをとるので、今回は長い休みを申請しづらかったのよね。。。)

ですが、来年3月から3ヶ月間の関東公演があると聞きテンション↑
3月の木馬館には行きますよん♪

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 08:25 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

鳳凰座 6/22(木) 昼の部

十数年ぶりの大阪観劇旅行の初日は、梅田呉服座の鳳凰座です。
ここの劇場へ行くのは初めて(たぶん昔はこの劇場なかったはず)ですが、「地下街の泉の広場の出口を出てすぐ」と行きやすい場所のため迷わずに行けました。

■目次


お芝居 妻恋時雨

この日のお芝居は「妻恋時雨」

ストーリーはざっくり言うと
◆あらすじ◆中野健次郎さん演じる「せいじ(?)せいた(?)」が妻子がある身でありながら、お世話になっている親分さんの妹との縁談を了承してしまう。

そこへタイミング悪く(良く?)、中野加津也座長演じる同じ一家の仲間がやってきて、一家の現状を説明。
親分が殺されてしまい、親分の娘のせいじの奥さんは無事男の子を出産したけど、産後の肥立ちが悪く目が見えなくなってしまった。
そして一緒に国もとに帰ろうと説得するも、頑として首を縦に振らないせいじ。

そこへ生まれたばかりの子供を抱いて、目の見えない体でせいじを尋ねてきた奥さんがやってきます。
そんな奥さんを見ても国へ帰ろうとせず、せいじはすでに旅立ったとうそをつく。

せいじがお世話になっている親分さんに説得され、妹のおしなちゃんも身を引くということで、せいじは奥さんと一緒に国に帰る決心をし、めでたしめでたし

って…
全然ハッピーエンドじゃねーわ(怒)

スポンサーリンク








目次にもどる

トラブルにも冷静に対処

奥様が出てきたあたりで泣いてるお客さんもいましたが(ママちゃんも泣いてました)アタクシはもうせいじのクズっぷりにイライラ
(中の人のことではありませんよ。あくまでも役としてです。それほど演技が素晴らしかったてことです。

お芝居の後半は、派手な立ち回りや場面転換などもなく、座長・健次郎さん・成田美ゆりさんの3人の役者の技量が問われる展開でしたが、3人とも素晴らしい演技でした。

お芝居の途中で、客席に背中を向けている健次郎さんが指でお金のマークを作って、舞台袖にアピール
(アタクシは、下手はじの方の席に座っていたので、様子が見えました)

なにやってるんだろう?と不思議に思ったのですが、その後玄関のドアの中から差し出された財布をさりげなく受け取りました。
その後の場面で奥さんに財布を渡してくれと頼むのですが、小道具の財布を忘れてしまっていたから持ってきてくれるように舞台袖にアピールしてたんですね。
トラブルにも冷静に対応するのが凄いと感心しました。
(毎日お芝居をやっていれば、こんなの日常茶飯事なんでしょうね)

目次にもどる

前売り券の販売

お芝居が終わり、口上挨拶
関西とか九州の劇場でいいなーと思うのは、前売り券があること
梅田呉服座の入場料は2,000円ですが、前売り券は1,800円
複数回通う人なんかは助かるよね。
アタクシたちも日曜日の予約をしてあるので、前売り券を2枚購入。

2枚購入するとおまけでお菓子がついてきました。
(おまけは毎回変わるようで、日曜日は2枚買うと鳳凰座のノートをプレゼントでした)
前売り券とお菓子を受け取り、お金を渡すと、中野貴之介さんが言いづらそうに「あのー、もう千円いただけますか?」

おっと!
前売り券は2枚で3,600円ですが、アタクシが渡したのは2,600円…

アタクシこの手のミス、よくやるんですよね。。。
そのくせソウルでは桁を間違えてお金を払ってしまい大損しました。
もちろん桁を多く間違えて、ゼロひとつ多い金額でタクシー代を払ってしまい、運転手さんにそのまま走り去られました。。。
その後行った化粧品屋さんでそのことを話すと同情してサンプルを沢山くれましたが(笑)

ごめんなさい!勝手に値切っちゃいました。
と謝るアタクシに「値切らせてあげたいんですけどね…」と貴之介さん

うーん、いい人だ

目次にもどる

ラストショーはアジアの海賊

舞踊ショーは「昭和枯れススキ」の時に、アタクシの目の前に赤ちゃんが飛んでしました!!
これがさっきのお芝居の時の赤ちゃん…
って感傷に浸ってもしょうがない、赤ちゃんはすぐに舞台に投げ返しました(笑)

本日のラストショーはアジアの海賊
よく口上挨拶の時の宣伝で「○日のラストショーはアジアの海賊です」って聞きますが、観たのは初めてです。

アジアの海賊ってなんだそれ?って思ってましたが、坂本冬美さんの歌なんですね。

そんなこんなで久しぶりの観劇旅行1発目の舞台は楽しく終わりました。
鳳凰座は木馬館で2回観ただけでしたが、木馬館のときとかなり印象が変わりました。
(もちろんいい方に)
自分たちが旅行中だからという高揚感もあるとは思いますが、大阪で観るほうがとっても楽しめました。

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 14:57 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

大阪の劇場予約

去年の8月から大衆演劇観劇復活!

となると、やっぱり大阪に観劇に行きたいよねー
そもそもの発端はアタクシが某劇団の送り出しの時に座長にポロッ言った一言から始まり、大阪観劇旅行の計画を立てることに。

まあ当の座長さんはそんなことすっかり忘れているとは思うけど

でも意外と役者さんって記憶力がよかったりするのよね。
昔、京都での友人の結婚式の帰りに1人で大阪に小泉劇団(今のたつみ演劇BOX)を見に行ったときに、送り出しで座員さんに「関東の方ですよね?三吉演芸場に観に来てくれたことありますよね?」と声をかけられビックリしたことがあります。
(私は声をかけられるまで一言も声を出してないので、言葉のイントネーションとかから推測したわけではなさそう)

いつも観劇はママちゃんと行っていたので、1人の時に「覚えてますよー」と言われ、役者さんってすごいなーと思った記憶が

■目次




劇場予約は電話は不可?


さてさて、てなわけで今月久々に大阪へ!

大阪に行くにあたって、心配なのが劇場予約

以前よく大阪に観劇旅行に行っていたときは、電話で予約できる劇場は浪速クラブだけでした。
その他の劇場は、直接劇場に行かないと予約できません。

その浪速クラブも遠方なので電話で予約をしたいと告げると、「先に予約のお金を送ってください。で、お金が到着したときに空いている席を予約するので座席位置などは選べません」な方式でした。

とりあえずどこでもいいから通路側にして!とお願いしたら、かなり後ろの席が予約されてました…
電話で予約できるだけでも、ありがたいので贅沢は言えません。
(今も浪速クラブは電話予約やっているようですが、現在もこの方法なのかは不明)

途中からは、一つの劇団さんだけを追っかけるようになったので、劇団さんに席をとってもらえるようになったので、予約の心配はなくなりました。

ただ、以前その某劇団さんのディナーショーに行くために大阪旅行を計画したのですが、1晩だけのディナーショーだけ観て帰るのはもったいないと、前のりし昼の部を見る為に朝日劇場へ

この時は劇団蝶々の公演だったのですが、私たちが劇場についたときはすでに劇場は満員で札止め。
夜の部なら予約できますよーと言われ、その場で夜の部を予約したことがあります。
(夜の部は昼とはうって変わって予約する必要なかったねーな状態でしたが)

今回はホテルのラウンジを堪能するために、全部昼の部を観る予定なので予約はしておきたい

スポンサーリンク








目次にもどる

梅田呉服座


とりあえず梅田呉服座に行くのは決まっているので、HPでチェック!
よかった!ここは電話予約OKです。
(アタクシたちが大阪行ってた頃にはなかった劇場です)

6月の予約は、5/6(土)の13時から電話予約受付

電話は1発でつながり、希望の席を伝えるとそこは池田呉服座の分なので予約できるかどうか確認が必要とのこと。
とりあえず、預かりで折り返し電話します。とのこと

「じゃ、第二希望も言っといたほうがいいですか?」などのやりとりの途中で、これ間に入ってもらうよりも直接聞いたほうが早いんじゃない?と思い「私が直接池田呉服座に電話しちゃダメですか?」と確認したら、梅田呉服座のお姉さんもちょと安心したように「そうですね。電話していただけるならその方がいいですね」との返答。

というわけで、池田呉服座にTEL

「すみませーん、来月の梅田呉服座の予約をお願いしたいんですが」
「え?梅田呉服座?うちは池田呉服座ですよ?電話番号間違ってますよ」
な返答

まあそうおっしゃるのもごもっともですが「梅田呉服座に電話して花道の近くの席を予約したいと言ったら、池田呉服座に電話してくださいって言われたんですけど…」と説明すると「ああ、そういうことですね。」と別の女性に電話を変わってくれて無事希望の席を予約できました。

目次にもどる

明正座


他はどこに行こうかな?
6月のスケジュールをチェック

明正座という劇場が(ここも昔はなかったはず)6月はたつみ演劇BOXか
ここも電話予約OKなので、ここにしよう。

明正座は劇場までのアクセスが問題でしたが、宿泊する予定のホテルからバスで行けることが分かり解決!

明正座の電話予約開始日は、前月の1日から
昼の部と夜の部の合間に電話を受け付けるので、16時~16時50分までと対応時間がとても短いです。

5/1(月)の16時ジャストに劇場にTEL

つながらない…
つながらない…
つながらねー!

ずっと話し中で電話がつながりません。
今日は無理かなーと思い始めた16時45分にやっとつながりました!

がっ

電話予約の受付は10日ごとで、1日は6/1~6/10までの予約しかできないそうです。
6/21~千秋楽までは、21日から受付開始とのこと

Oh My God!
だったらHPにそうやって書いてくれー

というわけで改めて、6/21にTEL

今度は1発で繋がり、希望の席をGETできたのですが、予約はあくまでも劇場にきた人が優先なので、場合によっては席の位置を変更になるかも?な説明。
心配だったら、6月になってからもう1回席位置の確認の電話してねーとのことでした。
なので、また電話で確認しなければ

以前と比べると劇場にも立派なHPがあり、親切に座席表なんかもあるので、遠方から行くアタクシたちも安心だわ。

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 07:00 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。