2017年07月16日

劇団炎舞 2017/07/15 昼の部 浅草木馬館

8ヶ月ぶりに浅草木馬館に行ってきました。
今月は、劇団炎舞です。

大衆演劇浦島太郎状態のアタクシは、劇団魅星って行ったほうがしっくりきますが…

本日の演目はこちら
木馬館20170715.jpg
演目画像は浅草木馬館のfacebookからお借りしました。

■目次




浅草でスマホが充電できる場所


木馬館へ向かう電車の中で、ふとスマホを見ると…
電池残量32%!!

浅草で充電できる場所を検索するも、出てくるのは飲食店ばかり
のんびりお茶している時間はないのよ!しかもほとんどのお店は電源だけで自前の充電器がないと無理っぽい

というわけで、浅草雷門通りにあるドコモショップで充電
11時45分ごろにスマホを預けて、ミニショー終了後の休憩時間に取りに言ったら78%まで充電されてました。

後からわかったのですが、浅草駅の上にある『EKIMISE』の7階レストランゾーンにも充電器があるそうです。
(ドコモショップと同じ鍵がかかるタイプ)

ただ休憩時間に取りに行くのは、ドコモショップのほうが近いと思います。
(こっちのほうが人通りも少ないし)

スポンサーリンク








目次にもどる

お芝居 時雨傘中山峠


今回、お隣さんがとっても変わった方だったので中々芝居に集中できず…(笑)

◆あらすじ◆炎應座長演じる男(なんとか太郎)が出入りの際に美濃の藤太郎(当て字です)という男を斬ってしまう。

藤太郎には妹と年老いた母がいて、その母親にお金を渡すよう頼まれる。
藤太郎の身の上話に同情した男は、美濃にいる藤太郎の母のもとへ

お金を渡すだけのつもりが、藤太郎本人が帰ってきたと勘違いする妹。
目が見えない母も藤太郎だと思い込む。
黙って旅立とうとする男でしたが、生まれてから一度も親の愛情を受けたない男は迷ったあげく、藤太郎として暮らすことに

親子3人で仲良く暮らしているところに、万五郎親分が江戸からの客人をつれてくる。
その客人は、亡くなった藤太郎の兄貴分でした。
藤太郎が生きていると聞き、偽物では?と疑っている。
万五郎親分が話は自分がつけるからと兄貴分を遠ざけ、藤太郎に母と妹をつれて出ていき家を明け渡すよう迫る。

これを拒否し親分をたたき斬り、母と妹に真実を告白。
息子だと思っていた男がよりによって息子の仇だと知った母親は妹が止めるのも聞かず、かたき討ちをしようとする。
そこへ現れた兄貴分が、自分が弟分のかたき討ちをすると買って出る。

とどめを刺そうとしたところで、「その男は自分の息子だ」と止めに入る母。
すべてを悟った兄貴分は「人違いだった」と去っていく。

そして親子3人、再び仲良く暮らすことになりました。


タイトルを見たときは、どんなお芝居なんだろう?股旅ものかな?
藤太郎斬られてから、長々と話し過ぎ!
とか、妹ずいぶん簡単に人違いするのね。
(妹が幼いころに別れた設定だったのかな?隣人のせいでイマイチ集中できなかったので、聞き逃したのかも)

と思っていましたが、後半は涙涙の感動的なお芝居でした。

ゲストの沢田ひろしさんも格好よかった♪

目次にもどる



口上挨拶


お芝居の後は口上挨拶
通常は、口上挨拶って座長1人のことが多いけど、ここは9人登場!
1人1人が自己紹介

初見のアタクシにはありがたいサービスです。

口上は自己紹介で終わり、今後のお芝居の説明や宣伝とかはしないんですね。
そんなことしなくても予約はいっぱいなのかな?

この日は大入り出ました。

目次にもどる



ラストショー 木遣りくずし


三部の舞踊ショーです。
座長がかなり頻繁に登場する印象。
座長が沢山観られるのは、とっても嬉しい♪

ラストショーは木遣りくずし
女形で登場した炎應座長、その後立ち姿で再登場しまといを振る姿はとても凛々しかったです。

色々な先入観があって、観ず嫌いだった劇団炎舞でしたが、とても素晴らしい舞台でした。

目次にもどる


スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 19:23 | TrackBack(0) | 大衆演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

大阪マリオット都ホテル クラブラウンジ

大阪マリオット都ホテルのクラブラウンジの紹介です。
※写真撮るのへたくそなのでボケボケの写真などがあります。ごめんなさい…

ラウンジに入室するには専用のカードキーが必要です。
お部屋のカードキーでは入れません。
(左がラウンジのカードキーで、右のシルバーのほうがお部屋のカードキーです。)

DSC_0791.jpg

ですが、4日間の滞在中入り口が施錠されていたのは3日目の朝の1回だけ
それ以外は、ドアに近づくだけで開いちゃいました。

入り口のすぐそばに受付カウンターがあって常にスタッフがいるので、施錠してなくても問題ないのかな?

ラウンジスケジュール
朝食 6:30~10:00(6:30~7:00はコンチネンタルのみ)
ティータイム 10:00~14:00
アフタヌーンティ 14:00~17:00
カクテルタイム 17:30~19:30
バータイム 19:30~21:00
ティータイム 21:00~24:00


■目次


広々としたラウンジ

ラウンジは特別広いわけではありませんが、吹き抜けになっているエリアがあるのでとても広々として居心地がいいです。

DSC_0760.jpg

5~6人が座れそうなソファ席でも「どうぞ、どうぞ」と2人で座らせてくれます。
(すこし混雑している日曜日の朝食の時だけは断られましたが)

DSC_0759.jpg

週末は予約が沢山入っているので、混雑してご迷惑をかけるかもと言われてましたが、座るところがないくらい混雑することはありませんでした。

窓の外はこんな感じになっていて、景色は見えません。
高所恐怖症のアタクシにはありがたい造りです。

DSC_0724.jpg

スポンサーリンク








目次にもどる

朝食

朝食時間は 6:30~10:00(6:30~7:00はコンチネンタルのみ)

落ち着いた雰囲気のラウンジで写真をバシャバシャとるのは、気が引けて前半は写真を撮ってないのですが、やはりブロガーとしては写真を撮らねば!
ラウンジスタッフの方に「写真撮ってもいいですか?」と確認したら「どうぞどうぞ」と快くOKしていただいたので撮影。

たこ焼きエリアには常にお客さんがいたので、そこだけは撮影できず
(すいてる平日に撮影すればよかったのに…)

ハムやスモークサーモン、切り干し大根など

DSC_0876.jpg

ミニ肉まんとゆで卵
ミニ肉まんのほうは、シューマイの日もありました。
日替わりのようです。

DSC_0877.jpg

パン

DSC_0879.jpg

数種類ある食パンはケースに入っています。
トースターが1台なので、タイミングが悪いとトースター争奪戦に参加することになります(笑)

DSC_0880.jpg

オムレツの具材です。
欠品している時に写真を撮ってしまいましたが、実際はもうちょっと種類があります。
DSC_0878.jpg

具材選んで小皿に入れ、席においてある番号が書かれたスティックと一緒に渡すと、オムレツを焼いて席までもってきてくれます。

DSC_0725.jpg

お味噌汁
ヤケド防止のためだと思いますが、ちょっと温めでした。

DSC_0870.jpg

おかゆのトッピングとお漬物など

DSC_0871.jpg

チーズの種類は日替わりでした。
写真を撮った時は一部欠品してますが、すぐに補充されました。

DSC_0873.jpg

フルーツ

DSC_0874.jpg

フレッシュジュース

DSC_0867.jpg

ヨーグルト

DSC_0868.jpg

朝の時間帯だけ緑茶があります。
(お部屋に置いてあるのと同じ伊右衛門)

DSC_0869.jpg

目次にもどる

アフタヌーンティ

アフタヌーンティは、14:00~17:00

時間は午後5時までのはずですが、片付けるの早いです。
金曜日は観劇していた劇場からタクシーで戻り、ラウンジについたのは16時30分すぎ

アフタヌーンティセットを持ってきてもらう間にビュッフェエリアに行きましたが、もうすでに片付けられてしまっていて、何もありませんでした。

翌日の金曜日は16時20分ごろにラウンジに到着
ビュッフェエリアにはまだデザートがありましたが、多分半分くらいは片付けられてしまっていたようでした。
(写真を撮っている間にどんどん片付けられちゃったし)

なので、アフタヌーンティは一部だけです。
本当はもっと種類があるはず

チョコレート

DSC_0820.jpg

小瓶に入ったおつまみ類はラウンジオープン中はずっと置いてあるのですが、ドライフルーツだけはたまにしか補充しないようで、土曜日にはドライフルーツがなくなってました。

DSC_0821.jpg

ケーキなど

DSC_0822.jpg
DSC_0823.jpg

ラウンジオープン中はいつでも置いてあるマフィン

DSC_0872.jpg

こちらもいつでも置いてあるフルーツ
リンゴはお願いすれば、皮をむいてカットしてもってきてくれますが、かなり時間がかかります。
(多分厨房まで持っていってカットしてもらって、ラウンジまで戻ってきてるんだと思います。)

DSC_0875.jpg

飲み物
ここは、朝食の時はフレッシュジュース、カクテルタイムにはアルコールが置かれています。

DSC_0824.jpg

ドリンク類
DSC_0818.jpg
DSC_0817.jpg

カウンターの下には冷蔵庫があり、冷たい飲み物も飲めます。
ワインやスピリッツ類はカクテルタイムにしか出てきませんが、ビールはこの冷蔵庫にいつでもあるので、お出かけから帰ってきて冷たいビールで一息なんてこともできます。

私はお酒が強くないので、蒸し暑い外から帰ったときは、冷たい烏龍茶やペリエをいただきました。

DSC_0764.jpg
DSC_0830.jpg

アフタヌーンティセットはこちら
木曜日
DSC_0761.jpg

一段目
DSC_0762.jpg

二段目
DSC_0763.jpg

金曜日
DSC_0826.jpg

一段目
DSC_0827.jpg

二段目
DSC_0828.jpg

アフタヌーンティセットはサンドウィッチだけは固定で、その他のデザートはランダムなようです。
隣りのテーブルのセットと全然ちがうものが入ってました。
(ビュッフェのものをランダムに選んでセットを作っているようです)

セットはおかわりもOKです。

目次にもどる

カクテルタイム

カクテルタイムは、17:30~19:30

アフタヌーンティの片付けが早い分、カクテルタイムも早めに始まります。
準備中にお酒をとりにいってる人がいましたが、断られてたので準備ができるまで待ちましょうね。
(ビールはいつでも冷蔵庫にあるのでOK)

お料理もロープが張ってあるときは、まだ取っちゃダメですよ。
ロープを超えて取っている人が結構いましたが…

アルコール類は大体16時40分くらいから
お料理も16時50分くらいからOKでした。

ローストビーフはその場でカットしてくれます。

DSC_0840.jpg

小鉢は日替わりでした。

DSC_0844.jpg
DSC_0845.jpg

朝食の時にもあるサラダ
(写真は一部です、もうちょっと種類あります)

DSC_0846.jpg

デザート類は、アフタヌーンティと同じだと思います。

DSC_0841.jpg
DSC_0842.jpg

チーズも日替わり

DSC_0850.jpg

朝食と同じ?ハム

DSC_0849.jpg

パン

DSC_0837.jpg

温野菜などもありました。
DSC_0838.jpg
DSC_0839.jpg

スープも日替わり

DSC_0848.jpg
DSC_0847.jpg

ワインは、赤・白・スパークリング
お願いすれば、カクテルも作ってくれます。
DSC_0833.jpg

冷蔵庫にあったビールも登場!

DSC_0834.jpg

作成可能なカクテルはアルコールエリアに記載があります。
私は、スプモーニを作っていただきました。
(写真撮り忘れ)

DSC_0835.jpg

目次にもどる

バータイム

バータイムは、19:30~21:00

バータイムは利用しませんでしたが、カクテルタイムの終わりごろ、ビュッフェエリアにこれが並べられてました。

DSC_0771.jpg

バータイムとティータイム用の軽食かな?

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 07:22 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

大阪マリオット都ホテル 宿泊者&ゴールドエリート特典

お部屋紹介の次は、宿泊者とゴールドエリートの特典についてです。

ゴールドエリートの主な特典は以下の通り

・お部屋のアップグレード
・無料の朝食(2名まで)
・クラブラウンジ利用可(2名まで)
・16時までのレイトチェックアウト)


クラブラウンジがあるホテルの場合は、朝食もラウンジで食べます。
(一部例外もあるみたいですが)

■目次


チェックインはクラブラウンジで

お部屋紹介の時も書きましたが、ゴールドエリート以上の会員は一番下のランクのお部屋の予約でもラウンジアクセスがつくので、チェックインもクラブラウンジで行います。

アタクシはマリオットのアプリで、会員ランクが表示されている画面をベルデスクのスタッフに見せましたが、スタッフの方は宿泊者リストを持っているので、名前を言うだけで「チェックインはクラブラウンジで行いますので、ご案内いたします」とスムーズに案内してくれます。

目次にもどる

お部屋のアップグレード

空き状況によりますが、お部屋のアップグレードサービスもあります。

アタクシは最安値のツインルームに空きがなかったので、ダブルルームで予約してました。
その為、ホテルが用意してくれたアップグレード後の部屋もダブルルームだったようです。

なのでアップグレードはしなくていいので、ツインルームに変更してくださいとお願いしました。
木~日の3連泊、しかも週末はかなりの予約が入っているとのことでスタッフの方はお部屋を探すのに苦労してました。

ダブル→ツイン、ツイン→ダブルなどのお部屋タイプの変更の希望がある場合は事前にマリオットのデスクに相談しておいたほうがスムーズです。

アタクシが事前連絡しなかった理由は、マリオットのHPの会員ページのプロフィール欄に下記の登録をしていたから

希望のベッドタイプ:ダブルベッド2台
最も重要なのは何ですか?:ベッドタイプ

ホテル側がこの設定をみて、お部屋タイプを変更してくれると勝手に期待してました。
ただよく考えてみると、ホテル側に伝わっているのは予約者のアタクシの情報だけ

同行者が男なのか?女なのか?
家族なのか?恋人なのか?友人なのか?

などなど同行者の情報はまったくない状態なので、お部屋タイプは勝手に変更しないほうがいいと判断されたのでしょう。

アサインされたのは、53階南側のツインのデラックスルーム
予約していてのは、ダブルのスーペリアルームなので1ランク上のお部屋にアップグレードしていただけました。
お部屋の向きも南側のほうがグレードが高いお部屋だそうです。

DSC_0700.jpg

目次にもどる

レイトチェックアウト

通常のチェックアウト時間は12:00
レイトチェックアウトは混雑状況によりますが、アタクシたちは16時までお部屋の利用がOKでした。

ですが、私たちは11時30分ごろに出発する予定だったので、レイトチェックアウトは辞退。

レイトチェックアウトが不可だった場合でも、チェックアウト後にラウンジに滞在するのはOKなようです。
私たちもチェックアウトの時に「よろしかったら、ラウンジでゆっくりなさっていってください」と言われました。

スポンサーリンク








目次にもどる

同行者のリクエストはチェックイン時に

お部屋タイプの希望は通ってませんでしたが、その他のリクエストは会員ページに登録してあるとおりになっています。

新聞(5大紙から選択可)、低反発枕など

枕のリクエストは会員の分しか伝わっていないので、同行者のリクエストがある場合はチェックイン時に伝えましょう。

アタクシは伝えるのを忘れたので、枕は1つしか届きませんでした。
もちろん電話でお願いすれば追加で持ってきてくれますが、そこまで枕にこだわりがないので低反発まくらママちゃんに譲りました。

目次にもどる

クラブラウンジ

クラブラウンジは別記事で紹介する予定

スケジュールはこんな感じ

朝食 6:30~10:00(6:30~7:00はコンチネンタルのみ)
ティータイム 10:00~14:00
アフタヌーンティ 14:00~17:00
カクテルタイム 17:30~19:30
バータイム 19:30~21:00
ティータイム 21:00~24:00


アフタヌーンティはビュッフェもありますが、こんな二段トレーで持ってきてくれます。

DSC_0761.jpg

目次にもどる

アニバーサリー特典

これはエリート会員だけなのか、宿泊者全員が対象なのかはわかりませんがアニバーサリーのプレゼントがありました。

今回の旅行はママちゃんの誕生日プレゼントも兼ねていました。
(といっても滞在中に誕生日を迎えるわけではありません)
なので、宿泊代金などはママちゃんに内緒
できればママちゃんのいないところで支払いをしたいなと思ってました。

チェックインの時にスタッフの方が「よろしかったらお母様はチェックインが終わるまでラウンジでお飲み物でも」とママちゃんを隔離(笑)してくれました。

よかったー

チェックインを行っているスタッフに誕生日プレゼントなので宿泊代金などは内緒だということを伝えると「では先にお支払いいたしますか?」と提案してくれました。

チェックインの手続き中に先ほどロビーからラウンジまで案内してくれたベルデスクのスタッフが戻ってきました。

小声で「アニバーサリーです」と言いながら、カードのようなものを受付スタッフに渡してました。
受付スタッフがなにやら耳打ちすると、ベルデスクのスタッフはマリオットの手提げ袋を持って戻ってきました。

手提げ袋に入っていたのは…
バースデーカードとあべのベア!

DSC_0699.jpg

あべのハルカスに行ったら、あべのベアを買おうと思っていたアタクシは大感激!
しかもあべのベアが着ているマリオットの制服は非売品だそうです。

「お部屋に行かれたら、お母様にサプライズプレゼントとしてお渡しください」とのことでしたが、ママちゃんにお願いしてアタクシがいただいちゃいました♪

カクテルタイムの時間に合わせてクラブラウンジに言ったら、先ほどチェックインを担当してくださったスタッフが「クラブラウンジにはスパークリングワインがございますが、お誕生日のお祝いにシャンパンを持ちします」

グラスに1杯づつですが、その心遣いにとても感動しました。

今までママちゃんの誕生日に何度かホテルに宿泊しましたが、こういうおもてなしがあったのは始めてです。
結構なお値段のアニバーサリープランや有料のケーキをお部屋に届けてくれるよう依頼したりしたこともありますが、チェックインの時やレストランで「おめでとうございます!」って言われる程度でした。
(もちろんその対応に不満はありませんが)

クラブラウンジへ向かうエレベーターの中で何気なく「母の誕生日が近いんです」と言った言葉にすぐに反応し、バースデーカードを持ってきたベルデスクのスタッフも素晴らしいと思います。

目次にもどる

宿泊者特典


あべのハルカスの展望台チケット

DSC_0775.jpg

アタクシたちは夜に行きましたが、高所恐怖症なのですぐに帰ってきました。

パイン飴
*飴はエリート特典だという噂もありますが、未確認
(お部屋を変更したので、ターンダウンの時に届きました。)

レストランの割引料金のお知らせ
シルバーエリートは10%off、ゴールドエリートは15%OFF、プラチナエリートは20%OFF
*コースは割引対象外

下の階にある近鉄百貨店の割引チケットもあります。
近鉄百貨店でお買い物をしたら、商品をお部屋に届けてくれるサービスもあります。

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 08:24 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

大阪マリオット都ホテル お部屋紹介

先月行った大阪観劇の宿泊先の大阪マリオット都ホテルお部屋紹介です。

■目次




チェックインはクラブラウンジで


宿泊予約の前にSPGアメックスを作ったので、チェックイン時にはゴールドエリート会員として迎えられました。

マリオットのゴールドエリートの特典の1つに『ラウンジのご利用/無料の朝食』というのがあります。

なので、チェックインは19階のフロントデスクではなく、38階のクラブラウンジで行います。
同行者のママちゃんはクラブラウンジで飲み物を飲みながらチェックインが終わるのを待ちます。
予約者のアタクシもラウンジの受付で座ってチェックイン

右がお部屋のカードキー、左がクラブラウンジ入室の際に利用するカードキーです。
DSC_0791.jpg

目次にもどる

お部屋のアップグレード


ゴールドエリートの特典には『お部屋のアップグレード』もあります。
ただし空き状況によるので、木曜日から3泊するアタクシはあまり期待をしてませんでした。

それよりも、一番下のランクのツインルームが満室だったため、仕方なくダブルルームで予約したので、ツインに変更できないか交渉するつもり。

ホテル側が用意していたアップグレード後のお部屋もダブルルームだったため、受付のお姉さんがツインで3連泊できて、なおかつ予約した部屋よりも上のランクの部屋を頑張って探してくれました。

予約したのは、スーペリアルームのダブル
アサインされたのは、デラックスルームのツイン

予約したお部屋より1ランク上にアップグレードしてくれました。

スポンサーリンク








目次にもどる

デラックスルームの紹介


お部屋は52階の南側
案内してくれたベルボーイさんによると南側のお部屋の方がグレードが高いお部屋だそうです。

お部屋はこんな感じ
DSC_0700.jpg

お風呂は洗い場つきで、椅子もあるので日本人にはとても使いやすいです。
DSC_0698.jpg
DSC_0717.jpg

クローゼットにはバスローブ
DSC_0710.jpg

洗面台
DSC_0697.jpg

ウォシュレット付きのトイレ
フタは自動開閉
DSC_0721.jpg

冷蔵庫はあまり冷えません。
DSC_0704.jpg

これをスライドすると
DSC_0702.jpg

コンセントやLANケーブルの差し込み口が現れます。
DSC_0703.jpg

セキュリティボックスは、コンセント付きなのでタブレットなどを充電しながらしまえます。
DSC_0713.jpg

この袋の中には、LANケーブルが入ってます。
DSC_0719.jpg
DSC_0720.jpg

目次にもどる

スーペリアとデラックスルームの違い


スーペリアルームとデラックスルームって何が違うの?

ホテルのHPで参考に検証してみました。
最大の違いはこれのようです。

ビューバス
DSC_0708.jpg

通常は扉が閉まっていてベッドルームからバスルームは見えませんが、扉をスライドするとこんな感じでバスルームがガラス張りになります。
DSC_0709.jpg

お風呂に入りながら夜景を楽しめるようになっているのですが、滞在中は毎日曇り空だったのであまりキレイに夜景が見えませんでした。

あとはこれかな
ベッドの足元にあるフットベンチ
DSC_0700-2.jpg

ホテルのHPの写真のスーペリアルームにはこのフットベンチがありません。
テレビの目の前にフットベンチがあるので、よくここに座りました。

目次にもどる

お部屋からの眺望


南側のお部屋からは、長居スタジアム・PLタワー・関西国際空港・明石海峡大橋などが見えます。
滞在中はほとんど曇り空だったので関空・PLタワーなどが見えたのは初日だけでした。
PLの花火大会のときは花火も遠くに見えるそうです。
(写真撮ってませんでした。すみません)

目次にもどる

お部屋の備品とアメニティ


アメニティは、タイのスパブランドのTHANN
DSC_0714.jpg

歯ブラシなどは、アベノハルカスが描かれた箱に入ってます。
DSC_0715.jpg
DSC_0718.jpg

バスソルトも毎日2種類置いてあります。
DSC_0722.jpg

ホテルでは定番?のネスプレッソのマシン
DSC_0705.jpg

ティーバッグと鉄瓶
DSC_0706.jpg
DSC_0793.jpg

この鉄瓶とっても気に入っちゃいました。
これで淹れると、ティーバッグのお茶もおいしく感じます。

ホテルのSHOPに売っているとスタッフの方が教えてくれたので、買いに行きましたが、SHOPにあったのはお部屋のものとはデザインが違ったので購入せず
(このデザインが気に入ったのよね)

お値段は、8,000円くらいでした。

パジャマもあります。
DSC_0712.jpg

アイロンやランドリーバッグなど
DSC_0711.jpg

空気清浄器
DSC_0794.jpg

目次にもどる

テレビはCSも見られます。


お部屋のテレビは地上波の他にCS放送もあります。
DSC_0701.jpg

視聴できるチャンネルは↓
DSC_0767.jpg
DSC_0766.jpg

KBS Worldがあるので、ママちゃんがドラマに見入ってしまい、串かつ食べに行く時間が大幅に遅れました(笑)
(自宅で録画しているドラマだったんですけどね)

目次にもどる

ターンダウンサービス


滞在中は、お昼頃ホテル出発
夕方お掃除済みのお部屋に戻り、荷物を置いてラウンジへ
アタクシたちがラウンジにいる間にターンダウン完了
ってスケジュールだったと思うのですが、あまり違いがわかりませんでした。

シンガポールやバンコクのホテルでは、ターンダウンの時に不足しているお水やアメニティの補充をしていってくれましたが、そういうサービスもないようです。

翌日の天気と気温を書いた紙を置いていってくれたのは、とても便利でした。
DSC_0789.jpg

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 08:29 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

豪華客船アース最終回!まさかの新シリーズ始動

番組の企画の一つである『豪華客船アース』が7月4日の放送で最終回を迎えました。
豪華客船アースには「スイート客室の乗客と仲良くなって、お部屋を見せてもらう」というミッションが課せられてました。

■目次





ミッション完了?


クイーンエリザベスのスイート客室は以下の5つのカテゴリーがあります。
・グランドスイート
・マスタースイート
・ペントハウス
・クイーンズスイート
・プリンセススイート

マスタースイート以外は、完了しています。
最終回の今回は無事マスタースイートの乗客を見つけだせるか?

結果は…
乗客は見つけられなかったけど、お部屋は見せてもらえたというちょっと微妙な感じで終わりました。

スポンサーリンク








目次にもどる

下船後のお部屋を見せてもらうのはアリ?


乗客を見つけてないのに、どうしてお部屋を見ることができたのか?
それは、マスタースイートの乗客が下船した後にお部屋を見せてもらったから

実は、アタクシも昔これと同じことをやったことがあります。

初めてのクルーズの時にバルコニールームに乗船していたのですが、お向かいの内側のお部屋にとても興味があったのです。

通常の内側は窓がないお部屋ですが、アタクシのお向かいのお部屋は船内中央にあるプロムナードに面した窓があるお部屋。
船のパンフレットを見ると、そこそこ広いし居心地もよさそう。
ただこのお部屋は早々に満室になってしまった為、予約できませんでした。

REINAさんは、お部屋係りさんに許可とってから入室してましたが、アタクシは無断入室。

お部屋係りさんを探したんだけど、どこにも見当たらず
お部屋のドアは開けっ放しだったので覗いちゃいました。

その後、お部屋係りさんに見つかりましたが、主のいなくなったお部屋なのでお掃除の邪魔にならなければ見学しても大丈夫なようです。

目次にもどる

まさかの新シリーズ


無事(?)ミッションを完了し、下船したREINAさんの目に飛び込んできたのはクイーンメリー2

というわけで、『豪華客船アース』まさかの新シリーズです。

今回は、世界一周ではなくイギリスのサウサンプトンを出発してニューヨークまで行く9日間の大西洋横断クルーズ

今回も「スイート乗客と仲良くなってお部屋を見せてもらう」というミッションがあります。

うーん、今回はミッションなしにしてもらいたかったな。
あまり面白くないと思っていたクイーンエリザベスの『豪華客船アース』でしたが、最終回はとても楽しめました。

というのも昨日の放送では下船前のチャリティイベントの様子やおススメ寄港地などが紹介されていたから。
せっかく50日間も乗船したんだから、もっと船内の様子が知りたかったな。

それにミッションがあると「せっかく仲良くなったのに、スイートの乗客じゃないなら用はないわ!』な感じで人間関係切捨てみたいに見えちゃうんだよね。
(実際にはその後も仲良くしてたみたいだけど)

目次にもどる

クイーンメリー2ってどんな船?


クルーズ好きなアタクシですが、クイーンエリザベスやクイーンメリーⅡを保有するキュナード社の船は乗船経験がありません。
でもクイーンエリザベスよりもクイーンメリー2の方がいい船だという評判は聞いたことがあります。

クイーン・メリー2は
総トン数148,528トン
全長345m


2003年の建造当時は客船としては史上最大だったそうです。
(現在はロイヤルカリビアンの22万トンが世界最大)

ちなみにクイーンエリザベスは
総トン数90,400トン
全長294m


船内にはプラネタリウムや正解最大の船上図書館があるようです。

今回は大西洋温暖なので寄港地は1ヶ所だけ

船内でどんな出会いや展開があるか楽しみにしてます♪

目次にもどる

スポンサーリンク

posted by 毒蝮隊長 at 08:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。